ここから本文です

看護部

部署紹介

A病棟

担当科:循環器内科、消化器内科、消化器外科
病床数:54床

看護配置:10対1

B病棟(回復期リハビリテーション病棟)

病床数:32床
看護配置:15対1

C病棟

担当科:脳神経外科、整形外科
病床数:52床

看護配置:10対1

SCU (脳卒中ケアユニット)
※ C病棟に設置

病床数:6床

看護配置:3対1

外来・救急外来 一般外来、専門外来、救急外来
手術室・血管撮影室 手術室:3室
血管撮影室:1室

 

A病棟

A病棟は循環器内科、消化器内科・外科を中心とした混合病棟です。昼夜を問わず、救急からの入院患者を受け入れています。どのような患者さんに対しても療養生活を支える看護の専門性を発揮することができるよう、共に学び合う病棟作りを目指しています。

循環器看護を専門的に学びたい方には、病棟での看護だけではなく、心臓カテーテル検査の介助に就いて、検査・治療前後の看護を深めることができます。消化器看護を専門的に学びたい方には、周術期や化学療法の看護を深めることができます。また、外来・救急外来とも連携を図り、重症患者をスムーズに受け入れ、入院と同時に退院を視野に入れながら、他職種と情報共有を行い、退院支援に力をいれています。

明るく優しく、心の強いたくましいスタッフが、笑顔とチームワークを大切にして毎日頑張っています。

 

 

 

 

ページトップへ ▲

 

B病棟

「回復期リハビリテーション病棟」は、命の危機を脱してもまだ、医学的・心理的サポートが必要な時期の患者さんを受け入れ、多くの医療専門職がチームを組んで集中的にリハビリテーションを実施し、心身ともに回復した状態で自宅や会社へ戻っていくことを目的としています。(全国回復期リハビリテーション病棟協会より一部引用)

医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・医療ソーシャルワーカー・栄養士・薬剤師がチームを組んで一丸となって患者さんの目標に沿ってリハビリテーションを行っています。
トイレへ行く、食事をとる、入浴をするなどの日常生活動作も退院を見据えたうえで大事なリハビリテーションになります。訓練室でのリハビリテーションだけでなく日々の生活の中でリハビリテーションに取り組むということを大事にしています。
「自宅で不安なく過ごせる。」「出来るだけ入院前の生活が送れるように」ということを念頭に患者さん・ご家族の思いに寄り添いながら支援を行っています。

 

スタッフ紹介

ワークライフバランスを大切にし、仕事とプライベートの両立をしやすい病棟です。
若手から、子育て中のママナース、子育てが終了したベテランナースまで幅広い年齢層のスタッフが在籍しています。
経歴も性格も様々なため、意見交換を活発に行い、情報共有やコミュニケーションの取り方を工夫し、意見の言いやすい環境作りを行っています。

現在、女性しかいない病棟なので、頼れるナースマンの方お待ちしています。
もちろん女性も大歓迎です。

 

ページトップへ ▲

 

C病棟

3階フロアは、脳神経・整形疾患専門の病棟とケアユニットで構成されています。私たちの病棟の使命は、専門医療スタッフにより、治療とリハビリテーションを計画的かつ組織的に早期から介入し、在院期間の短縮・自宅退院率の増加・長期的なADLとQuality of Life(QOL)の改善を図ることです。この使命を全うするために、一般病棟・SCUの特徴を活かし、各部門との連携を密にした看護を行っています。

 

C病棟は、一般病棟として脳神経外科と整形外科の患者さんを受け入れ看護を行っています。また、同フロアにはSCUがあり、超急性期治療を終えた患者さんをスムーズに受け入れ、切れ目のない看護の提供を心がけています。脳神経外科、整形外科ともにリハビリに励む患者さんが多く、退院後も安心して生活ができるよう退院支援にも力を入れ、多職種と連携したチーム医療を提供しています。

ページトップへ ▲

 

SCU(脳卒中ケアユニット)

SCU(Stroke Care Unit:脳卒中ケアユニット)は、脳卒中緊急入院を受け入れ、短期間での集中的治療と早期リハビリを行う部署です。看護とリハビリが協働して早期に身体機能を評価し、ADL・QOLの維持と向上に努めています。また、脳卒中の治療と看護に加え、全身管理を行う高度な知識と技術を獲得し、チーム医療を最大限に活かした看護を提供しています。
(2009年11月、SCU施設基準取得)

 

ページトップへ ▲

 

外来・救急外来

 

■外来・救急外来

-在宅療養を支援するために-

2025年の超高齢化に向け、重症度の高い方が在宅療養される割合が高くなっています。外来に受診される方は、診療を受けるだけではなく、身体的支援・社会的支援・精神的支援など、外来部門に求められる支援も多様化しています。外来部門では診療はもとより、看護師・医師・医療相談・地域連携他、多職種と連携し、地域の方々一人ひとりに適した相談などの支援を行っています。

救急外来では搬送された方々に適切な緊急度判断を行い、迅速な医療を提供しています。 
救急外来では、こういった場面から始まる看護を充足させ、病棟とのシームレスな看護を展開し、早期に社会復帰ができることを目標に看護の質の向上に努めています。
一般外来、救急外来を問わず、’地域で生活をしている生活者’という視点を持って、院内だけではなく、地域と連携し、地域の方々に愛される目配り・気配り・心配りのある外来看護を目指しています。

■内視鏡センター

内視鏡センターでは、上部消化管、下部消化管のスクリーニング検査をはじめ、内視鏡的止血術、ポリペクトミー、消化管拡張術、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)、内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP)などの専門的な内視鏡治療を実施しています。

内視鏡検査・治療の実施件数は年間約3900件であり、内視鏡センターのスタッフは安全で苦痛のない検査・治療を提供できるように、内視鏡に関する専門的知識・技術の向上に日々努めています。

当センターを訪れる方々が、『ここで検査を受けて良かった』『友達にも紹介したい』と思っていただけるように、高いチームワークを持って、地域に開かれた内視鏡センターを目指しています。

 

スタッフ紹介

独身、既婚、子育て中と、世代・環境の違う看護師が勤務しています。この違いにより、お互いに良い刺激や相互理解を育み、配慮できる環境になっています。この多様性を強みにして、様々な側面を持つ患者さんに寄り添う看護を提供しています。

 

ページトップへ ▲

 

手術室・血管撮影室

脳神経外科、整形外科、消化器外科の手術を約年間500件。心臓血管撮影、PCI治療を24時間対応しています。医療が専門性を求められるなか、手術手技も複雑かつ高度になっております。患者の低侵襲手術として、消化器外科だけでなく、脳神経外科でも行われるようになり、当院でも積極的に行っております。手術看護学会や血管内手術学会など積極的に参加し、手術室チームとして質の高い専門医療を目指しております。

また、患者の安全をなによりも優先課題とし、ご本人やご家族に安心して手術を受けて頂けるよう、術者・麻酔科医と協力し努めております。

 

 

スタッフ紹介

 

「心のこもった」をモットーとして、スタッフ7名で24時間、手術室看護に努めております。みんなで話し合い、みんなで決めることを大切にしています。入院前の外来オリエンテーション、入院後の術前訪問を行い手術患者さんと関わることで、できるだけ安心して手術を受けていただくようにしています。現状に満足せず、日々向上心を持ち、質の高い手術看護を目指しています。

手術室・血管撮影室

 

部門紹介トップへ戻る

  • 看護部トップ
  • 看護理念・方針
  • 部署紹介
  • 教育
  • 看護師募集

病院見学募集

葛西昌医会病院

 

 

ページの先頭へ