ここから本文です

病院指標

令和3年度 葛西昌医会病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 8 42 52 130 273 342 653 452 97
令和3年4月~令和4年3月に退院された患者様の年齢階級別患者数です。
当院では70歳~79歳までの入院患者数が最も多く、未成年患者(0歳~19歳)の割合は全体の0.39%、70歳以上は全体の58.66%です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 23 5.48 2.99 4.35 72.91
010060x2992401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 22 17.95 17.6 4.55 65.68
010030xx03x0xx 未破裂脳動脈瘤 脳血管内手術 13 14.46 9.35 0 73.31
010070xx9910xx 脳血管障害 11 5.55 3.22 0 69.18
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 10 26.5 8.30 0 74.60
未破裂脳動脈瘤、脳梗塞の患者数が上位を占めています。
当院では回復期リハビリテーション病棟も有しているため、急性期の治療後も継続したリハビリテーションの提供をする体制を整えています。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 176 3.94 4.79 0 66.66
050050xx9910xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心臓カテーテル検査 139 1.23 3.06 0 66.26
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術 経皮的ステント留置術 131 2.49 4.36 0 70.34
050130xx9900xx 心不全 23 19.22 17.35 0 81.13
050050xx9920xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心臓カテーテル検査、血管内超音波検査 21 1.24 3.27 0 68.76
不整脈に対するカテーテルアブレーションや狭心症に対する心臓カテーテル治療の患者数が上位を占めています。
平均在院日数が短めになっています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 123 3.25 2.65 0 66.00
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 内視鏡的胆道ステント留置術等 36 8.14 9.21 2.78 73.61
060130xx9900xx 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 18 4.89 7.74 0 65.83
060035xx03xxxx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 17 7.06 6.78 0 67.12
060102xx99xxxx 穿孔又は膿瘍を伴わない憩室性疾患  17 7.06 7.70 0 64.88
大腸ポリープに対する内視鏡治療の患者数が多くを占めています。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 51 3.08 2.65 0 65.96
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上)ヘルニア手術 33 3.97 4.74 0 69.45
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 26 4.81 5.40 0 40.00
060035xx010x0x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 24 14.00 15.76 4.17 72.88
060335xx02000x 胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術 23 6.57 7.11 4.35 57.96
大腸ポリープに対する内視鏡治療の患者数が多くを占めています。
内視鏡治療や開腹・腹腔鏡の手術なども定期的に実施しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症も含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊髄刺激装置植込み術 30 9.80 15.77 3.33 78.00
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 25 34.68 25.32 4.00 80.12
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 20 23.35 19.34 5.00 80.60
160760xx97xx0x 前腕の骨折 関節内骨折観血的手術 - - 4.99 - -
160720xx97xx0x 肩関節周辺の骨折・脱臼 関節内骨折観血的手術 - - 14.64 - -
患者数が10未満の場合は ー(ハイフン)で表示されています。
脊柱管狭窄症、骨折の患者数が上位を占めています。
他科と比較すると平均年齢が高く、平均在院日数が長くなっています。
当院では回復期リハビリテーション病棟も有しているため、急性期の治療後も継続したリハビリテーションの提供をする体制を整えています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 9 4 6 5 2 0 1 8
大腸癌 10 17 19 13 16 1 1 8
乳癌 0 0 0 0 0 0 1 0
肺癌 0 0 0 1 0 0 1 8
肝癌 0 1 0 1 4 0 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
同じ患者様が複数回入院された場合もそれぞれ計上しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 2 11.5 49.00
中等症 13 13.46 82.46
重症 3 24.67 79.00
超重症 1 29.00 79.00
不明 0 0 0
日常生活をしていた人が発症した肺炎(市中肺炎)の重症度を見た指標です。
軽症とその他の重症度では平均年齢に大きな差がありました。
脳梗塞の患者数等
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 55 37.05 73.13 4.41
その他 13 79.69 79.46 1.47
発症から3日以内の早期に入院される患者様が多くを占めています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1781 脳血管内手術(1箇所) 13 1.31 12.15 0 73.31
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 - - - - -
K609-2 経皮的頚動脈ステント留置術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
K178-4 経皮的脳血栓回収術 - - - - -
患者数が10未満の場合はー(ハイフン)で表示されています。
脳動脈瘤に対する脳血管内手術が上位を占めています。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 141 1.06 2.43 0.71 67.71
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 108 0.31 1.56 0 71.00
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 35 0.14 1.83 0 62.89
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 22 0.05 2.50 0 72.59
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 17 0.00 3.29 0 66.71
カテーテルによる手術が多くを占めています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 104 0.07 2.03 0 65.98
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 36 1.69 8.81 2.78 76.83
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 19 0.21 6.47 0 66.47
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 18 0 3.06 0 66.44
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 10 0 3.80 0 77.40
内視鏡による治療を多く行っています。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 52 0.06 2.12 0 65.77
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 42 1.12 3.83 2.38 60.62
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 27 0.81 3.85 0 41.19
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 25 3.32 13.28 4.00 72.28
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 24 1.08 9.25 0 77.17
内視鏡治療や開腹・腹腔鏡の手術なども定期的に実施しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1901 脊髄刺激装置埋込術(脊髄刺激電極を留置) 25 1.84 5.76 0 77.04
K0461 骨折観血的手術(大腿) 13 2.31 29.92 0 78.23
K0732 関節内骨折観血的手術(手) 13 2.54 7.23 0 61.46
K0731 関節内骨折観血的手術(肩) 12 3.00 12.50 8.33 67.25
K0811 人工骨頭挿入術(股) 11 5.64 31.18 0 79.45
脊柱管狭窄症に対する脊髄刺激療法、骨折の手術が多くを占めています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0
異なる 0 0
180010 敗血症 同一 0 0
異なる 0 0
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.05
異なる 0 0
180040 手術・処置等の合併症 同一 3 0.15
異なる 1 0.05
手術・処置等の合併症とは、治療の際に一定の割合で発生するものであり、医療ミスとは異なります。
治療に伴う合併症の説明は丁寧に行うよう心がけています。
更新履歴
2022/10/1

 

ページの先頭へ