ここから本文です

ご挨拶

理事長からの挨拶

吉田理事長

理事長 吉田 生馬 (よしだ いくま)

当院は平成2年12月3日に開院し20数年経過しました。その間に江戸川区を含む近隣地域の環境変化に伴い、地域住民の方々の年齢構成も変化し国の医療情勢も変化しています。その中で当院も多岐に亘る変革を行ってまいりました。

院外環境として病院と病院をつなぐ病病連携、病院と診療所をつなぐ病診連携、開放型病床の設置、東京都脳卒中急性期医療機関への登録、脳神経内科・外科の区東部脳卒中医療連絡協議会への参画及び地域連携パスの運用、院内環境としてSCU(脳卒中ケアユニット)の設置、医療相談室の充実、入院リハビリテーションの充実、外来医療コンシェルジュの配置、院外処方箋導入による外来待ち時間の短縮、看護基準の見直し、職員教育の見直し、等々。これはひとえに当院創設時からの病院理念である 「心のこもった先進医療の実践」 の現在の取り組みです。

しかしながら、病院環境の充実や先進医療機器の導入だけでは不十分であり、仏作って魂入れずという言葉がありますが、これはまさに病院建てて魂入れず になぞられる言葉であり、当院で働く職員一人一人がどうすれば患者さんの不安を取り除いていけるか、病気に患った方達の気持ちに近づけるか、どれだけ地域 の医療に貢献できるかが最も大切であり、これが病院の魂と考え、この魂を当院に注ぎ込むことが私の最大の役目と考えております。一番大切な事は、当院に来院される患者さん達の当院への信頼感にどこまで応え続けて行けるかという事で、これは地域環境の変化が起ころうとも医療事情の変化が起ころうとも貫いてい かなくてはいけない私の仕事であり当院の使命と考えます。

 

 

院長からの挨拶

石山院長

院長 石山 哲 (いしやま さとし)

7月から院長に就任した石山 哲(いしやま さとし)です。
専門は消化器外科で、特に胃や大腸の腹腔鏡手術を実施しており、葛西昌医会病院に勤務して3年目に入ります。

当院は今年開院29年目を迎え、開院当初は脳神経外科・循環器内科に特化した急性期病院でしたが、消化外科内科開設・回復期リハビリ病棟設置など、時代・地域のニーズに合わせて柔軟に変化してきました。

それに伴い消化器の癌が発見されたり、長期にリハビリを要する患者さんも増えてきており、今後も "葛西の患者さんは葛西で診る" を目標に職員一同頑張っていきたいと思います。

同時に心のこもった医療を行うには,職員のやりがい・職場環境の改善も必要だと思っています。至らぬことも多いと思いますが,今後とも宜しくお願いいたします。

 

 

 

当院のご紹介

  • 当院について
    • 病院概要
    • ご挨拶
    • 施設基準
    • 沿革
    • 医療設備
    • 最新導入装置紹介
    • 病院指標
  • 実績統計
  • フロアマップ
  • 部門紹介
  • 救急医療体制・地域医療連携
  • 理念・基本方針

 

ページの先頭へ